パナソニックが現場から大企業を動かす「データ文化」を推進するDX事例を公開しました

デジタルマーケティングのPDCAツール「AIアナリスト」を中心としたDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACULは、パナソニック株式会社の「デジタルマーケティング推進室」を支援し、その中で見えてきた「データ文化」を推進するDX事例に関するインタビューを公開しました。  

「新型コロナウイルスの影響もあって、DXのトレンドはもう無視できないところまで来ている」

パナソニックのDX推進チームのインタビューを公開 全カンパニーにおけるデジタルのノウハウやツールを横断的にサポートするパナソニック株式会社のデジタルマーケティング推進室は、事業部間の橋渡し役や、課題解決・業務推進のサポート、全社的なデジタルによる効率化を期待されているチームです。そのチームを当社「DXコンサルティング」を採用いただき、ご支援しました。 そこで、このプロジェクトを当社側で推進したWACULテクノロジー&マーケティングラボ所長の垣内が、パナソニック株式会社のデジタルマーケティング推進室の筒井氏にインタビューを実施。大企業におけるDXの障壁やそれを乗り越える「データ文化」や、実は大切なウェットなコミュニケーションなどについて語っていただきました。


 詳細はWACUL テクノロジー&マーケティングラボにおいて公開しています

2020.07.15 対談 大企業を動かす「データ文化」 – パナソニックが現場から推進するDX事例

WACULの「人」と「文化」を伝えるメディア ーWACUL PEOPLE MEDIAー

「AIアナリスト」など、テクノロジーでビジネスの相棒をひとりひとりにを実現する、セールス&マーケティングのDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現する株式会社WACUL。そこで働く“人”や“文化”にフォーカスしたメディアです。